照明・音響・映像をトータルで提案する、演出空間開発カンパニー

CASE

Sound

音響機材 一覧

NEW equipment

導入機材

●L-Acoustics KARA SYSTEM
・KARA
・SB18
・LA8jp

スタジアムシステムと同じ思想によって設計された小型軽量キャビネット
見切れの制約に対して強く、低域が要求されるアプリケーションにも対応
水平指向角110°垂直方向最大10°の組合せにより、あらゆる客席形状に適応
WSTの優れた特性により、精密で透明な音色と独特のニアフィールド音場感を提供

●YAMAHA QL5

32+2フェーダー構成で多彩なチャンネルレイアウトが可能。
コンパクトながら大規模なアプリケーションにも対応できます。



<主な特徴>
・ミキシングチャンネル:モノラル×64、ステレオ×8
・バス:16 Mix、8 Matrix(Input to Matrixに対応)
・フェーダー構成:32+2(マスター)
・ローカルI/O:32イン、16アウト

all equipment

機材一覧

・DIS DCS6000 Digital Conference System
・YAMAHA QL1
・YAMAHA RIO3224-D/1608-D
・L-Acoustics X15HiQ
・L-Acoustics X12
・L-Acoustics LA8jp
・L-Acoustics LA4X

・Power soft AUDIO Quattroconali 4804 DSP+D
・K-array402
・K-array202
・Shure ULXD4-J51 ULXD2/ULXD1
・Shure ULXD4-L53 ULXD2/ULXD1
・Shure ULXD4-Z16 ULXD2/ULXD1
・DPA 4088/4099

・DIS DCS6000 Digital Conference System
・YAMAHA QL1
・YAMAHA RIO3224-D/1608-D
・L-Acoustics X15HiQ
・L-Acoustics X12
・L-Acoustics LA8jp
・L-Acoustics LA4X ・Power soft AUDIO Quattroconali 4804 DSP+D
・K-array402
・K-array202
・Shure ULXD4-J51 ULXD2/ULXD1
・Shure ULXD4-L53 ULXD2/ULXD1
・Shure ULXD4-Z16 ULXD2/ULXD1
・DPA 4088/4099

PHOTO GALLERY

機材写真